歯科技工士 水田和則からの招待状

アップル歯科の求人HOME > 先輩からの招待状 > 歯科技工士 水田和則からの招待状
歯科技工士 水田和則からの招待状

歯科技工士のお仕事を探しておられる方へ

チーフ 水田和則からのアドバイス

歯科技工士のみなさん、もしくは今歯科技工士の資格取得を目指しているみなさん、みなさんは、将来どんな歯科技工士になりたいですか? 資格を取ったあと、明確なビジョンはありますか? 歯科技工士には、1.歯科技工所に勤める、2.歯科医院に勤める、3.歯科技工所を作るという3つの選択肢があります。 ボクは免許を取ったあと、いわゆる1.の歯科技工所に勤務しました。そのときはただ黙々と、模型を見ながら歯を作る毎日。 もともとプラモデル作りが好きで 手先を使って細かい作業をする歯科技工士という仕事を選んだのでそれはそれで嫌いではありませんでした。

しかし月日が経つにつれ、「実際作ったものが、患者さんの口の中で、本当に機能しているんだろうか?」「患者さんは喜んでくれているんだろうか?」 という疑問がわいてくるようになりました。 欲が出たのです。
そう思ってしまったらもう2.の歯科医院に勤めるしかありません。では、最初から思考を深く、就職先を探していれば、ボクは歯科医院に就職したのでしょうか? 実際のところ、そればっかりは分かりません。 唯一ついえるのは、技工所時代があったから今の自分があり、そこから何かを感じ、行動したから今があるのだと思います。
技工士のみなさん、もしくはこれから技工士になるみなさん、大切なのは、選んだ道を突き進む事だけではありません。自分の思った通りに動く事。それが技工士にとっての次のステップに繋がると、ボクはそう思っています。

水田和則

アップルデンタルラボ
チーフ 水田和則

水田和則

私がアップルを選んだ理由。

技工所から一般の歯科医院に転職を決めたとき、自分にとって大切な一つの条件が「学び」でした。 技工所時代、来る日も来る日もコツコツ作業を続ける中で、充実しながらも足りないと感じていたのが成長だったからです。 だから次の職場では「自己成長」できる環境の整っているところをと考えた結果、このアップル歯科に辿りつきました。

実際に働いてみて思うこと

仕事はもちろん、思っていた以上に勉強させていただいています。 セミナーにも参加させていただいたり、何より 日々の診療の中で、ドクターとカンファレンスを行ないながら進めていく技工物は、その出来栄えもさなが充実感の得られる プロセスと感動があります。 また、技工士時代は納品して終わりだったものが、実際には歯科医院ではこんなに微調整が必要であったり、逆に突き詰めて作っていけば こんなに機能的で審美的な歯が作れるということがわかり、 一つ一つの仕事に誇りと責任を持てるようになりました。

アップルデンタルラボの良い所

この仕事・ラボでの一番のやりがいはやはり、患者様の立場になって考えられる所ですね。 ボクたちが作るものは人の口の中に入るものです。
そしてそれが自分の歯の変わりとなって物を噛んだり発音の手助けをしたり するわけですから、「良い仕事」=「患者様の満足」ということにつながります。 だから僕自身、患者様から直接お褒めいただいたり、感謝されることが一番の喜びになります。アップルでは、スタッフみんながそうやって相手の立場になって考えるという習慣が着いています。
患者様はもちろん、スタッフ間においても、どうすることで相手が喜ぶ・嬉しいかを考え動く事が当たり前のようにできるスタッフがたくさんいます。 それは患者様にとっても自分にとっても、すごく居心地の良い、アップル歯科の特徴だと思います。

水田和則技工室

トップの影響力

吉見理事長は、みんながおそらく口を揃えて言うと思うんですが、勉強熱心なところですね。すごく向上心が強いというか。 あれだけ楽しそうにセミナーや勉強会に行くのを見ていると、こちらも勉強が楽しく思えてきます。

アップルデンタルラボ

これから働いてみたい方にアドバイス

どんな仕事であろうが、どこの職場であろうが、しんどいことはあると思います。 ただ、アップル歯科にはそのしんどいことよりも、楽しい事と、自分の成長があると思います。 もし、歯科技工士としてあなたが一歩でも動き出そうとしているのなら、一度アップル歯科に見学に来て見てはいかがでしょうか?

安藤優子からの招待状

WEB応募 見学依頼

WEBから応募・見学依頼の後こちらからお電話致します。

お電話で応募・見学依頼→078-935-9757